優花3.初めて他人に全裸を見られて、公園でオナニーするようになったJC時代

全裸JK優花立ち姿

こんばんは、優花です!
前回の投稿で言ったように、初めて野外露出を人に見られた時の話をしますね。

近所の路上での深夜全裸徘徊を何度もしてずっと誰にも見つからなかったし、気を付けてたら見つかる心配はないかなって思って慣れもあって油断してました。
あ、100メートル以上離れた大通りからは見られてた可能性はあります。
でも遠いし暗いし車はすぐに通り過ぎて行くから、ハダカの私に気付く人は殆どいなかったはずです。

野外露出する時は、深夜の2~4時台にすることが多かったです。
普通の人はみんな寝てる時間帯だから、その時間が一番人がいなくて堂々と全裸で歩けるんですよね。

でも、ある時、いつも通り過ぎててずっと誰も出てこなかった道の家から急におじさんが出てきて、至近距離で思いっきり見られて目が合いました。
犯されるとまではさすがに思わなかったけど、見られたらまずいのは当然理解してたから慌てて走って家の庭まで逃げましたw
追って来てはなかったし何事もなかったけど、念の為その日からしばらくは野外露出は控えてました。

その代わり、今後どうするか結構色々考えました。
露出狂って人に見せ付けるイメージがあるし、冷静に振り返ると見られて全然嫌では無かったというか、むしろ興奮したりもっと見て欲しいって気持ちもあった。

JS時代から3年間くらい、誰にも見つからないようにこっそりと野外露出してたから、実は見られたい欲がずっと溜まってたんだよね。
誰にも見られなくても、全裸で外を歩くだけでドキドキするし興奮して気持ち良いけど、見られたら絶対もっと気持ち良くなれるんだろうなぁっていうのはわかってたから。
でも自分から体を見せ付ける勇気は無かったし、後から考えると丁度良いタイミングで見られてよかった。

色々気持ちの整理が付いたら、「絶対に誰にも見つからないように」から「少しくらい誰かに見られたっていい」に切り替わりました。
そんなわけで、心機一転また深夜に庭で全裸になってからの野外露出を楽しむようになったよ!

これまでは2つ目の曲がり角くらいまでしか行かなかったけど、もっと先まで歩くようになりました。
そして、通行人や自転車が来たらこれまで通り隠れるけど、車ならすぐに通り過ぎて行くし隠れずに体は隠さないけど顔は隠してそのまますれ違うようになりました。
ライトに照らされて、私のハダカ全部見られちゃってるって思うと感動ものでした。
露出っ娘としてレベルアップしたんだなって。

家から400メートルくらい離れた公園まで全裸で行き、深夜は基本的に誰もいない小さな公園なのでベンチに横になってオナニーをするようになりました。
明るい時間帯は普通に子供たちが遊んでたりする公園でのオナニーは最高です。

ベンチが公園の奥の隅の方にあるから、公園の外を誰かが通っても暗いしみんな私に気付かずに通り過ぎて行くんです。
まさかベンチに全裸の中学生がいるなんて誰も夢にも思わないw

これまでの野外露出オナニーって路上だったから、歩きながらでも立ち止まってでもどっちにしろ立ってやってたんですよね。
すぐにイって帰るから問題は別になかったけど、やっぱりベンチで寝そべって目を瞑ってする方が楽だし好きです。
数分かけてイった後は、持ってきたティッシュでおまんこを拭いてゴミ箱に捨てて、蛇口があるから手を洗ってから帰ります。

公園の周りを歩いたり走ったり、公園のそばのコンビニの駐車場まで行ってみたり、大通りにだいぶ近付いてみたり。
徐々に大胆な野外露出をするようになっていきました。
こうなってくると歯止めが利かなくなってくるよねw

当然、目撃されることも増えてきました。
次回の投稿では、初めて全裸で知らない人と会話した時のこととかを話しますね!