優花4.初めて野外露出中に、知らない人と会話した中学生時代

全裸JK優花立ち姿2

おはようございます、優花です!
前回の体験談で宣言した通り、今日は全裸で知らない人と初めて会話した時の事を書いていきますね。

中学生時代は絶対に両親に野外露出してることがバレるわけにはいかなかったので、パパとママが寝静まった深夜に全裸徘徊してました。
少しずつ行動範囲が広がって過激になっていって、人や車とすれ違う時も隠れたりせずに顔だけ隠してそのまますれ違うようになったから、誰にも見つからないようにひっそりと露出してた頃よりもドキドキして興奮して気持ち良くなってました。

「頭隠して尻隠さず」ってことわざがあるけど、私の場合は「顔隠して裸隠さず」ですねw
ちなみにこのスタイルになったのにも、ちゃんと理由があるんです。

多分、普通の女の子が全裸で外に放り出されたら、両手でおっぱいとあそこを隠すと思います。
でも、そうすると顔を見られてしまうんですよね。

近所で野外露出してるから、うっかり顔見知りの人にバレるのが一番まずいです。
身体に関しては、知り合いにハダカを見せたことはないから、顔さえ隠してたら全裸ですれ違ったとしても私と断定はされないはず。

それなりに付き合いある人なら、髪型とか背とかスタイルで私と疑われる可能性はゼロじゃないけど。
さすがに、「優花ちゃん、こないだ全裸で外を歩いてなかった?」って聞いてくる人はいないと思うし、いたとしても私が「そんなことしないですよw」って否定したら証拠も無いしそれで終わり。
それに、どうせならおっぱいとおまんこを隠さずに見られた方がより興奮して気持ち良くなれるしねw

深夜だから歩いてる人はそんなにいなくてすれ違うのは車が多いけど、乗ってるのが多分男の人だと私の全裸をもっとよく見たいのか減速してゆっくり通り過ぎたていったりすることも。
じっくり見られるだけなら構わないんだけど、車を停められるとやっぱりちょっと怖いから警戒して逃げちゃってました。

万が一襲われそうになっても、住宅街だから大声で叫べば周りの家の人は起きてくると思うし、大通りの方に走って逃げたら車がそこそこ通ってるしコンビニもある。
でも、誰か来たり大通りに逃げる前に力づくで車に乗せられちゃったらどうしようもないなと。
今の平和な日本で無理やり誘拐するような人はいないと思うし、これまでの人生で遭遇したこともないけどねw

歩いてる人や自転車やバイクとも全裸のままで、すれ違うようになったけど、深夜に全裸で歩いてる女の子って客観的に見るとかなり危ないし、いきなり遭遇しても普通の人はどうしたらいいのか判断出来なかったり警戒して関わりたくないと思ってくれるのか通り過ぎて行きますね。
でもやっぱり触ろうとすれば触れる距離にハダカで歩いてる女の子が一人だと、リスク覚悟で近付いてくる人も少ないけどいます。

一応、誰かに話しかけられたら全裸のまま普通に対応しようって事前に決めてて、初めて話しかけてきたのは、30代くらいの男性でした。

男性「え、あの」
私「え?」
男性「あの、裸・・・ですよね?」
私「あ、はい」
男性「なぜ裸なのでしょうか?」
私「趣味です。 裸で外を歩くのが開放的で気持ち良くてストレス解消になるんです」
男性「凄いですね」
私「ありがとうございます」
男性「・・・」
私「・・・」
男性「引き留めて申し訳ない。 では気を付けて」
私「ありがとうございます」

JC時代の頃だから正確じゃないけど、大体こんな感じの会話をしたはず。
野外で知らない人と(知ってる人もだけどw)全裸で会話をした事が無かったから新鮮で印象に残ってます。
触ってきたりはしなかったけど、でもおっぱいとか結構見られてたと思うw

めっちゃ心臓バクバクしてたのを覚えてるし、ちゃんと会話出来たことと隠さずに体を見てもらえたことに満足でした。
これで露出っ娘として大きく成長出来たーって。
それと、やっぱり誰かにハダカを見てもらった方が気持ち良いなって実感。
あとは、意外と全裸でも普通に会話出来るんだな~ってw